髪様倶楽部

円形脱毛症日記

2000年5月16日に1年ぶりでジェニファーが帰って来ました。

ジミーの円形脱毛症日記

僕の頭にジェニファーがやってきた


日頃は髪に悩む人たちに毛髪相談やトリートメントを行っている、MINATO3710のスタッフの一人、ジミーちゃんの頭に突然「ジェニファー」(自分の頭の円形脱毛症の愛称)がやってきました。
円形脱毛症は経験したくてもなかなかできないシロモノ。脱毛に悩む人たちの気持ちが体験できることと、日頃のアドバイスなどの実際と成果を試せる良いチャンス・・・と、自分の円形脱毛症に名前を「ジェニファー」と名づけ、お手入れと観察を始めたのです。 
ジミーちゃんの円形脱毛症日記を公開します。さあ、どうなることでしょう・・・・。

 (人気者 ジミー君)

群馬県出身 理容歴6年 ワサビ入りおにぎりでにっこり・・・!




1999年2月27日

ジェニファーの誕生日は2月26日。MINATO3710のオーナーであり、僕の先生である板羽忠徳先生と同じ誕生日。
同僚のスタッフにカットをしてもらっている時に発見され、思わず僕は目の前が真っ暗!!エッ!エッ!え〜!
日頃、全頭脱毛症の人や円形脱毛症の人たちのトリートメントを行っていた自分に・・・まさか・・・。お客様から移ったのだろうか・・・。翌日早速先生にjマイクロスキャナーで診てもらい写真を撮ってもらい、とりあえず円形脱毛症は移るものではないことを確認。「自分がお客様にアドバイスやお手入れを行っていることを、自分の頭で試しなさい」と言われたが、自分の頭もトリートメントにいらっしゃる人たちと同じように全部無くなってしまったらどうしよう・・・。
自分の原因はいったい何だろう。彼女と別れた事?お店での人間関係のストレス?ダイエットの影響?花粉症?自己免疫障害?・・・・原因を調べることも大切だけど、まず、精神面を落ち着かせなければならない。なったものはしょうがないのだから・・・徹底的に円形脱毛症とつきあってみよう・・・。とりあえず「ジェニファー」と名づけ友達にした。


脱毛の始まった周りをパラパラやって抜け毛を集めてみた。抜ける。抜ける・・・。ようやく抜けなくなったところで、集めて標本をつくり、スキャナーで観察。
やっぱり毛根部が萎縮している。無意識のうちに抜いたトリコチロマニー(抜毛狂)や、無理に引っ張って抜けた牽引性脱毛などではない・・・。間違いない・・・。 円形脱毛症だ!
ジェニファーはおとなしく、しばらく友達になって、また「さよなら」も言わないで何処かに行ってしまうのだろうか?あるいはじゃじゃ馬で手におえない位に太ってずーっと滞在するのだろうか?


1999年3月13日

ジエニファーは何となく大きくなったようだが、周りの抜け毛はあまり無くなったようだ。ツルーっとしてベターっと吸い付くような餅肌になっている。
ジェニファーを医薬部外品申請用の新開発のルイザプロハンナシャンプーで洗い、ルイザプロハンナトニックをつけてマッサージをしてから、ルイザプロハンナエッセンスを塗ってあげているが、スカーッとするので僕はスゴク気持ち良いのだけれど、ジェニファーは居心地はあまり良くないようで、苦しくなって成長を止めたようだ。


1999年3月18日

母親から衝撃の告白を受けた。ジェニファーがやって来たのは今回が初めてではないのだ・・・ということ。記憶には全くないが、幼稚園の時にジェニファーはやって来て、3カ月位いっしょに生活していたらしかったのだが、脱毛のことを話せば子供でも気にするようになるからと、黙って育毛剤をつけてあげていたら、いつの間に「さよなら」も言わないで、どこかに行ってしまったとのこと。なんで今頃また戻って来たのだろう???。


1999年3月30日

毎日お客様に脱毛のトリートメントをしているけど、ようやくこの頃、「自分も円形脱毛症なんですよ。僕のジェニファーを見て。」と告白することができるようになった。
話しをするとお客様と仲間になったような気分になるのか親しみ感がわいてくるのか、とにかくお客様の心の中が聞けるようになってきた。こんな気持ちになれたのも今までは無かったことだ。
今日先生に写真を撮ってもらったらジェニファーが痩せてきたぞと、鏡を見せられた。細かなウブ毛がもう生え始めてきたようだ。
彼女が大嫌いな「ルイザプロハンナ・ヘアトニック」を毎日つけてマッサージをしたため、僕の頭には居づらくなってきたのだろうか?口の悪い先輩が、「おいジミー。ジェニファーはかくれんぼしているだけだよ。そこに居なくなると別の所にまた顔を出すぞ!」と言われた。そう言えば先生が全頭脱毛症のお客様にアドバイスしていたとき、「いきなり全頭脱毛症にならないで、小さな脱毛ができて、治ったと思ったら今度はあちこちにできて、それがくっついて広がって全頭になってきたでしょう。」と言っていたことを思い出した。
「ジェニファー。もう少し僕の頭に居てもいいけど太らないで・・・オ・ネ・ガ・イ・・・・」



1999年4月7日

今日も全頭脱毛症のお客様のトリートメントをやった。でも、まだ「3710」でのトリートメントは2回めのお客様なので、今日はジェニファーの事は話せなかった。
話したり見せたら・・・「そんな程度、脱毛のうちじゃないよ・・・」と言われそうで・・・。この程度でももっと大きくなるんじゃないかとか、このまま生えなかったらと不安がいっぱいなのに、全部無くなってしまった人は、これ以上悪くならないから、逆に開き直っているようにも感じる。
カルテには高2の時脱毛が始まったと思ったら、10日くらいであっと言う間に全頭になったと書いてある。もう6年間もそのままで、脱毛が始まった直後はステロイドでの治療をやり、ほとんど治りかけたものの、薬の量が3錠から2錠に減らされたらまた抜け出し、その後は全く生えていないとのことだ。眉も描いてある。スキャナーの観察でも1本も生えていない。
ジェニファーは少し生えてきたのが分かるようになってきている。


1999年4月28日

新学期や新入社の人達のお客様もそろそろ慣れてくると、疲れや、ストレスなどを感じるようになることと、花粉などにより肌が敏感になっていることで、毎年5月頃になると円形脱毛症の相談が増えて来る頃だが、今日相談に見えた女性は15歳で、全頭脱毛症になり、ある病院の脱毛外来で治療を受け、髪は全体に生えてきたものの、トップの毛がまた抜け始めたということで、相談とお手入れに見えたので、先生の助手をしながらアドバイスの勉強をした。
ストレスはなさそうだが、脱毛したことにより、かなりのストレスになっているとみえて、盛んに父親に当たり散らすような言葉が聞かれた。
ステロイドを使用して治った場合、薬が減ったり、止めたりすると、また抜け始めてくる人たちが多い。外からホルモンを供給すると、身体の方は十分と勘違いし、生産しなくなり、急に薬が減ったり、止めた場合、せっかく生えてきた髪を維持できなくなってしまういのだ。自分の身体の副腎の働きを活発にしなければならないので、いろいろツボを刺激することなどを話していた。
12歳からタバコを吸っているとのことだったが、先生がタバコと血流の実験をしたサーモグラフィの写真を見せ、特に血管が不安定になっている円形脱毛症のためには良くない話しをしたら、治って安定するまでは禁煙する・・・と言っていた。最近の高校生ではタバコは普通だとも言っていたが・・まだ・・15歳。イイのかな???
思春期の女性の脱毛は大変だ、ジェニファーなんかかわいいもので、ルイザプロトニックをつけているだけでかなり生えてきている。生えてくるのはうれしいけど、この日記を続けさせてもらえるのかな・・・。
夜、麻酔科のドクターをやっている、先生の息子さんから「神経ブロック」の方法で良くなる人もいることを聞いた。
ジェニファー・・・・生えて来ていますよ・・・ネ!


1999年5月16日

残念ながら皆さんにお別れしなければならなくなってしまいました。だって、ジェニファが雲隠れしてしまったのです。記憶には無かったけれど、幼稚園の時にやってきたジェニファーとの再会があってから、僕の心は揺れにゆれてしまいました。このままずーっとジェニファーと生活をともにしなければと覚悟し、この機会に円形脱毛症の人たちの仲間入りができたことが、自分に与えられたすごいチャンスだと思いました。


一所懸命円形脱毛症について自分なりに勉強しました。免疫異常の人に多く発生することや、アトピーなどのアレルギーをもつ人に多く発生することや、病院での治療法にPUVAや免疫抑制剤などを使用していることやステロイドやフロージンなどを使用していることなども、先生の息子さん(医師)から教えてもらいました。もしも、・・・もしも自分のジェニファーがずーっと僕とつきあうようなら、これらの方法を試してもらうよう・・・にと、心に決めていました。
しかし、あっけなくジエニファーはいなくなってしまった・・・・といっても良い位に髪の毛が生えてきてしまったのです。
先生に言われてルイザプロハンナシャンプーを使っていたことや、ルイザプロのトニックを使っていたことが、ジェニファーにとっては居心地が良くなかったのでしょうか・・・。
それにしてもルイザプロのトニックは今までの育毛の考え方に漢方の理論なども加えたものだといっていたけれど、6月から発売されるというミノキシジルを主成分にしたT社のRのように「20歳以下や女性や僕のような円形脱毛症の人は使用しないで下さい。」というようなものとは違って、血行促進が十分に行われるのか、あっという間にジェニファーとのお別れになってしまいました。せっかく先生にこのコーナーをもらったのに、残念なような・・・うれしいような・・・とても複雑な気持ちです。
僕のジェニファーはどこに行ってしまったのでしょうか。もし、このページを見てくださっているあなたの所にに行ってしまっているようでしたなら、ぜひお知らせ下さい。「minato@3710.co.jp」の「ジミーへ」とメールを下さい。何かアドバイスができることがあったらお知らせします。
今度ミナトのスタッフのページをつくってくれるとのことですので、そちらでまた、お会いしましょう。
ジェニファーを発見した人はぜひ、ぜひメールを下さい。僕の所へ戻るよう説得します??。
とりあえず、ジェニファーが見つかるまで・・・・つづく




つづく……としたことが、またまた、不幸?の始まりとなってしまいました。
そう、「ジェニファー」が友達を連れてジミーちゃんのもとにちょうど1年ぶりに戻って来てしまったのです。



ジェニファーがやってきた
パート2

2000年5月16日

まったくの偶然です。しばらくの間、キムタクをめざしてロングヘアにしていたのですが、そろそろ暑くなり、カットしてもらったのです。
ソッ!その時!
ジエニファーを発見したのです。

鏡の中にジェニファーが・・・・

2000年5月16日

まったくの偶然です。しばらくの間、キムタクをめざしてロングヘアにしていたのですが、そろそろ暑くなり、カットしてもらったのです。
ソッ!その時!
ジエニファーを発見したのです。

左上は彼氏?彼女?

皆さ〜ん しばらくでした。皆さんのところに行ってしまったジェニファーが1年ぶりに戻ってきたのです。こんなに早く彼女が見つかるなんて思ってもいませんでした。昨年、私の頭からいなくなって以来、18名の方から「今、私の所にいますヨ!」と、メールを頂きました。メールを頂いた方の頭からは本当に退散したのでしょうか?
やっぱり、私の頭はジエニファーにとって居心地がイイんですかネー!! 偶然にもちょうど1年ぶりなんです。おまけに彼氏か彼女を連れてきてしまって、2個発生しています。彼氏だとこれからまた他の部分に子供ができてしまう・・・かも。
とにかくこれからまたしばらく、じゃじゃ馬のジェニファーとしばらくつき合わなければなりません。
今回はストレスも失恋も体調もな〜んにも思い当たるフシフシは全く無いのに、まてよ、まてよ、同級生で後輩だったH君の仕事のやる気のなさからの、何とかしてやらなければ・・・と気を使いすぎたのだろうか? あるいは新人のK君がまだまだお店に慣れていないため、自分の方が気を使っていたためだろうか?明日先生に聞いてみよう。
ステロイドを使っていた人の場合は繰り返すことがあることを知っていたけれど・・・・。10月以降はルイザプロハンナトニックを使っていなかったからだろうか・・・。
ともかく、さっそくトリートメントを始めなければ・・・・・。

2000年6月15日

 おとといジェニファーの写真を撮ってもらいました。右下がそうですが、先月に比べるとかなり太ってきたようです。。
左上は埼玉のSさんのところにいたお友達の「キャサリン」でした。Sさんから居なくなったと思ったら、ジミーさんの所に行ったので「悲しいの反対です」とメールをいただきました。とりあえず彼氏ではなくてよかった…。
今日はKさんからメールをいただきました。5月25日に10円玉と500円玉の中間の大きさで発見し、名前は「ジェイソン」だそうです。現在はやはり居心地がイイのか500円玉よりちょっと大きく太ってきているそうです。

「ジェニファー」と同じころやってきたので、同じ様な状態で過ごしているようです。
映画のように居なくなっても、何度も何度もやって来るのを心配しているようですが、「ジェイソン」は13日の金曜日になれば居なくなって、別な所で大暴れするのだから、Kさん。あまり心配しなくてもよいと思いますヨ。
13日の金曜日って………10月ですね…。その頃は「ジエィソン」はきっとどこかに行ってしまいますヨ!!
ところで「ジェニファー」と「キャサリン」ですが、かなり「わがまま」になっています。もっと太って、「生え際のラインを越えてしまうと、
頭全部「ジェニファー」に占領されてしまうヨ!!」…と先生に言われ、僕の小さなハートはドッキン!ドッキン!です。
トリートメントを始めなければ…、あまり真面目にやっていなかったのを反省しています。
後輩スタッフに早く「発毛・育毛トリートメント」を教えて、本格的にやってもらうソ゛!!


写真はアップしていませんが、ジミーちゃんは完全回復して、現在は故郷の群馬県大胡町の実家「 アダムとイブ 」で頑張っています。 (2001年4月)

トップページに戻る

Copyright (C) 3710.co.jp All Rights Reserved.